正絹絞り真綿ふとん

絞り染めは、布地の文様とし平安京の昔から広くもちいられてきました。
それは日本人の手仕事の極致として発展し千二百年を経た今日において
京鹿の子紋リとしてその華やかさ優美さを誇り手仕事ならではの潤いと、
暖かさを与えています。全体の目方は羽毛ふとんより格段と軽いです。
そして一枚の真綿ふとん中身はマユ8000個が使われています




練り@ すすぎA 干しB 仕上げC
角まわたつくりD 角まわたつくりE 真綿ふとんつくりF 真綿ふとんつくりG
西川産業株式会社提供

京都・河原町

Copyright (C) 2006 Hiraoka.Co. All Rights Reserved